LabVIEW info. Sharing 新館

labview.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

Makers Faire Tokyo 2017に出展します

8月5日、6日に東京ビックサイトで開催されるMakers Faire Tokyo 2017に出展できることになりました。
c0023764_1721593.jpg



私のブースのメインの展示品は「手作りの大型7セグメントフルカラー表示器を使った置き時計」です。

c0023764_1650165.jpg



フルカラーシリアルLEDは直列で接続された多数のフルカラーLEDを1本の信号線で制御できます。このLEDを7セグメントLEDのように配置してArduinoで点灯制御することにより、大型の数値表示器を手作りするのです。

市販の7セグ表示器は単色のものしかありませんが、これは色を自由に変更することができます。また、大型の7セグ表示器は高価ですが、手作りでは大きさの制約がなく安価に作ることができます。

MFT2017のブースでは、この手作り7セグ表示器を使ってデジタル時計を作成したものを使用例として展示します。

c0023764_17212054.jpg



(20170626)
[PR]

# by wire_works | 2017-06-26 17:24 | 電子工作 | Comments(0)
2017年 04月 26日

近況報告@2017.04.26

ご無沙汰していました。
2017年4月からは計測・解析ラボという名前で活動しています。
岩手県立大学のLabVIEW講習会は次の担当の方に引き継ぎをしてきましたので、継続されるのではないかと期待しております。
c0023764_1762023.jpg



計測・解析ラボが場づくりをして、岩手県立大学の機材を使った「LabVIEW勉強会」みたいなものを企画したいと思っています。参加者が2、3人でも集まるようであれば、スタートしたいと思いますのでご連絡のほどお願いします。

最近は純LabVIEWネタが少なくて、facebookの方にコマゴマとArduino関連の工作モノの投稿しています。
facebook

「Arduino関連の工作モノ」ですが、8月4日、5日に開催されるMakers Faire Tokyo 2017にエントリーしました。選考があるのでボツになるかもしれませんが、今年は会場を広げたということと、地方枠を考えているらしいので、例年よりは可能性が高いのではないかと思っています。

せっかくなので、プレゼンテーションもエントリーしました。
タイトル:MakerのツールとしてのLabVIEW
内容:
LabVIEWはフローチャートを描くようにプログラムが作成できるツールとして計測制御分野の技術者に長年にわたって支持されています。近年は個人のMaker向けに購入しやすいエディションが発売されてArduinoやRaspberry Piを対象にしたプログラミングの環境も提供されています。LabVIEWの使用例としてキッチンスケールを改造しロードセルの出力を取り込むプログラムを紹介します。

ついでながらMakers Faire Tokyo 2017へのエントリーはここからです。
締め切りは5月2日13:00です。

c0023764_17481594.jpg



(2017.04.26)
[PR]

# by wire_works | 2017-04-26 17:49 | 北東北LabVIEW | Comments(0)
2017年 01月 19日

LabVIEW講習会(2/17)@岩手県立大学

DAQでアナログ入力というシンプルな講習会を企画しました。
myRIOでもアナログ入力はできますが、特殊な感じのバリヤーがあるので、一番低価格のDAQと思われるUSB-6000を購入することにしました。

センサーはなるべく一般的なものを使いたいので、オムロンのZ4D-F04A変位センサーにしました。このセンサーは低価格でも精度良く測れるのですが、固定方法と測定対象が悩みです。11セット作るのであまり手の込んだものはダメです。お金がかかるようなものもダメです。

紙の枚数を測るのは簡単そうですが、今ひとつ面白味がない。何か良いアイデアがあれば教えてください。

申し込み先などの情報はこちらです。

(170119)
[PR]

# by wire_works | 2017-01-19 18:42 | 北東北LabVIEW | Comments(0)
2017年 01月 01日

2017

c0023764_1242513.jpg

[PR]

# by wire_works | 2017-01-01 12:42 | ひごろの話 | Comments(0)
2016年 12月 31日

GPSロガーのまとめ

ここ数日GPSロガーの様子を見ていたのですが、安定して記録ができています。気になったのは日付時刻がUTCなので早朝に行動した部分は前日のファイルに記録されてしまいます。
調べるとTimeというライブラリがありましたので使ってみることにしました。

日本時間への対応も含め、Arduino Pro Mini 3.3V版を使ったGPSロガーのパーツ、動作、ソースコードを記事にまとめました。

arduino gpsロガー Pro Mini 3.3V版

(エキサイトブログではソースコードの表示がうまくできないので計測・解析ラボのサイトにまとめました。)


(161231)

どれを飲もうか、並べて考える、、。
c0023764_2371315.jpg


良いお年をお迎えください。
[PR]

# by wire_works | 2016-12-31 23:09 | Arduino | Comments(0)
2016年 12月 18日

GPSロガー

GPS、加速度センサーのデータをSDに記録するロガーのプロトタイプができました。SDはブレッドボードでのワイヤーの接触具合に敏感なようで安定感はいま一つですが、近所での走行データを取ることができました。

LabVIEW版は
LabVIEWアドベントカレンダーの12月12日の記事で、チャレンジすぎて完成に至らなかったものです。その後、Arduino Dueで同じ内容のものを作ってみたところ1日でほぼ出来上がりました。仕様が固まっていたこともありますがArduinoは速いね、と実感しました。


QGISで国土地理院のタイル地図をベースにデータを重ねてみました。緑の丸は路面の振動が少なかった地点、赤い星は振動が大きかった地点になっています。

c0023764_13163824.jpg


c0023764_13164353.jpg



忘備録(Arduino Due)
[GPS]
5V--5V
GND--GND
RXD--NC
TXD--D19(RX1)

[SD]
DAT2--NC
DAT3--D4
CMD--ICSP-4(MOSI)
VDD--3.3V
CLK--ICSP2(CLK)
VSS--GND
DAT0--ICSP1(MISO)
DAT1--NC
SWB--NC
SWA--NC

[GY-521]
VCC--3.3V
GND--GND
SCL--D21(SCL)
SDA--D20(SDA)
XDA
XCL
ADD
INT

RED LED--D9
GREEN LED--D10


Dueは大きすぎるのでPro Mini 3.3Vに変更作業中。

ソフトシリアルでGPSを受けて、SPIのSDもOK。GY-521のI2CはA4,A5ピンが基板上にあるのでメスピンを立てました。Dueで動いていたプログラムはProMiniではすんなりは動きませんでした。sprintfが誤動作の原因かもしれません。
SDへの記録用文字列をずいぶん変更して無事動作するようになりました。コンパクトで、消費電力も少なくて良いのですが、普通のモバイルバッテリーはすぐにOFFしてしまうので、IoT対応のモバイルバッテリーが必要です。(どこにしまい込んだか忘れてしまった。→見つからないのでまた1クリックしようかと思い始めたところで見つかりました。)

c0023764_15344386.jpg


QGISでZ方向の加速度変動が大きかったポイントを表示しました。(国土地理院のタイル地図利用)
c0023764_7513650.jpg


配線も最短のワイヤーに変更しましたので安定感もあります。

忘備録(Arduino Pro Mini 3.3V)
[GPS]
5V--5V
GND--GND
RXD--NC
TXD--D2

[SD]
DAT2--NC
DAT3--D10
CMD--D11
VDD--3.3V
CLK--D13
VSS--GND
DAT0--D12
DAT1--NC
SWB--NC
SWA--NC

[GY-521]
VCC--3.3V
GND--GND
SCL--A5(SCL)
SDA--A4(SDA)
XDA
XCL
ADD
INT

RED LED--D9
GREEN LED--D8

(161229)
[PR]

# by wire_works | 2016-12-18 13:24 | Comments(0)
2016年 12月 08日

1000円ぐらいのキッチンスケールを改造してデータをGET

LabVIEWアドベントカレンダー2016年12月8日の記事として北東北LabVIEWユーザー会の「Making USB Digital Balance」をリンクしました。

ご覧ください。

計量法の規定外なので計測値を使って商売してはいけないと思いますが、異常の自己チェックとか、自己の目安に使えるのではないでしょうか。




今朝は盛岡でも雪が積もって道路は渋滞でした。
「ひっつみ」という郷土食です。
c0023764_2249267.jpg

[PR]

# by wire_works | 2016-12-08 21:51 | 北東北LabVIEW | Comments(0)
2016年 12月 01日

「北東北 LABVIEWユーザー会」が日本語圏に戻った

NIコミュニティのリノベーションで中国語圏に迷い込んでいましたが、戻ってきました。


メンバー18名ですが、北東北ということでもなく自由に参加できます。

<<グループページの先頭に以下のように書かれていますので、何か書きたいなと思ったら参加してみてください。>>
これは自由参加グループです。 グループメンバーとして参加し、投稿を開始するには、サインインして [グループへ参加] をクリックしてください。

------
最近寒くなってきたので山歩きは難しいのです。川で石拾いもちょっと冷たくなってきました。
ぬくぬくプログラミングとか、電子工作などで冬をやり過ごそう。。。


c0023764_2317545.jpg

釜石の川で拾った砂鉄が固まったような気泡の多い鉄鉱石、簡単にヤスリで削れるのでマグネットで挟んでメモスタンドに良いやと、
こんなことをやっていると楽しく時間が過ぎていきます。

「LabVIEWアドベントカレンダー2016」が始まりました。まだ空きがいっぱいです、、、。


今日はExcite blogはリンクがうまくいかないので興味のある方は検索してください。
「北東北 LABVIEWユーザー会」
「LabVIEWアドベントカレンダー2016」
[PR]

# by wire_works | 2016-12-01 23:27 | Comments(0)
2016年 11月 19日

LabVIEW Advent Calendar 2016

グラフィカル開発環境「LabVIEW」のためのアドベントカレンダーを紹介します。

「LabVIEW」のためのアドベントカレンダー
http://qiita.com/advent-calendar/2016/labview

アドベントカレンダーはクリスマスまでの日めくりカレンダーを1日づつめくって心待ちにするというルーツのようですが、「LabVIEWの記事を投稿しあって楽しむ」イベントです。

12/1から12/25までの短期集中型のイベントなので参加してみてはいかがでしょうか?
ブログやホームページへのリンクを貼るだけの作業のようですので気軽に参加できるのではないでしょうか?

c0023764_2035220.jpg



NIのコミュニティスペースがリニューアル中です。グループ機能が変更になるということで北東北-labviewユーザー会のスペースはどうなるのでしょうか?

(161119)

リニューアルで中国所属になってしまったみたいです。
とりあえず、記事が書けるかどうか試してみました。
テスト記事


記事を書いたPCだとリンク先が開くのですが、iPadでやってみたらNGでした。
だめかもしれませんね。

ディスカッションフォーラム(日本語)に状況を伝えましたので、そのうち何とかなるかもしれません。

でも、その記事のタイトルに「在準備中」なんて言葉が使われているので、どこまで伝わるのか??

(161128)



--------------------------------------------------------------
[PR]

# by wire_works | 2016-11-19 20:23 | オフ会 | Comments(0)
2016年 10月 15日

NI Days 2016(10/26)が近づいてきました

「だんごの食感テスター」の予定でしたが、Arduinoで書いたプログラムをLabVIEWに書き直すのが面倒だし、シリアルでデータを受け取るだけのVIではあまり面白味がないので変更しました。

1年が過ぎるのが早いのは記憶力が悪いからなのかと思ったりするのですが、TSXpertsのPWSに感激したのは春ぐらいのことです。その後、さほどではないなとか、感動が薄れていったのですが、ひとまとめしてみようと思い立ちました。

c0023764_21114138.jpg


ロードセルアンプの活用は役に立つ人もいるでしょうし、PHPサーバーへのデータのアップロードも組み込みましたので、私のこの一年の新しかったことを伝えられれば良いなと思います。
c0023764_2119338.jpg


15時ぐらいの30分をいただきましたので時間のある方は是非お立ち寄りください。

(161015)
[PR]

# by wire_works | 2016-10-15 21:20 | オフ会 | Comments(4)